5月17日(金) | ruche CAHOA

@徳島美馬市@ 風の音楽家〜初夏の風ツアー2019

大地に響く唄とジャンベ、天空に広がるホーミーと馬頭琴、森の祈りのピアノ。 旅する音楽家、今ここに集い、旅の向こうの音を鳴らす -----。 国内外にて活躍する3人の旅するアーティストが結成した「風の音楽家」。ジャンルも国籍も越えた新しい〈自然な音楽〉が、忘れかけていた心の原風景を呼び覚ます。 初夏の西日本で生まれる旅の音に、出会いに来て下さい!
お申し込みの受付は終了しました。
@徳島美馬市@ 風の音楽家〜初夏の風ツアー2019

日時・場所

2019年5月17日 18:30 – 21:30
ruche CAHOA, 日本、〒777-0005 徳島県美馬市穴吹町穴吹藤原11−1

イベントについて

Facebookイベントページはこちら

以下facebookより

*****************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

徳島

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「風の音楽家、きたる!

〜平魚泳・岡林立哉・重松壮一郎ライブ in ruche CAHOA」

 

◯とき: 5月17日(金)

◯会場: ruche CAHOA

(徳島県美馬市穴吹町穴吹藤原11−1 / 穴吹駅より徒歩13分)

https://cahoa.exblog.jp

◯時間: 開場18:30 開演19:00  

◯料金: 前売・当日とも 大人3000円 中高生1000円(1ドリンク付き)小学生以下無料

 

◎ライブの詳細

http://www.livingthings.org/schedule/190517_cahoa/

 

徳島県美馬市清流日本一の穴吹川の近くにある。小さなcafe「ruche CAHOA」。日常から少しだけ離れて、手のひらの幸せを味わいにきませんか? 遠い記憶の、無条件に楽しかったあの頃の自分に出逢えます。初夏の気持ち良い風とともに、心地よい音楽に酔いしれてくださいね。お食事のオーダーもできますので、ぜひ音楽とともにお楽しみください!

 

【ご予約・お問い合わせ】

・みずのえ tel: 090-6518-6963 / mail: soso@livingthings.org

・オンライン予約: http://www.livingthings.org/schedule/190517_cahoa/

◎ライブ・スケジュール

【愛媛】5/14(火)オーガニックカフェ 野芹(松山市)

【高知】5/15(水)ガチャガチャスタジオ(高知市)

【高知】5/16(木)ゴッドバレー(いの町)

【徳島】5/17(金)ruche CAHOA(美馬市)

【京都】5/18(土)とんがり山のてっぺんDE!(宇治市)

【愛知】5/19(日)コリーヌ・ドゥ・タラ(名古屋)

 

◎風の音楽家 メンバー

平魚泳(うた、ウクレレ、ジャンベ、笛)

岡林立哉(馬頭琴、ホーミー)

重松壮一郎(ピアノ、鍵盤ハーモニカ)

─────────────────────

出演者プロフィール

─────────────────────

 

■平魚泳(うた、ウクレレ、ジャンベ、笛)

http://www.hirasakana.com

タイコ(アフリカのジェンベ)を叩いて、横笛吹いて、ウクレレ弾いて、歌うストリートミュージシャン。 ウクレレ教室、作曲、アレンジ、舞台役者、舞台音楽など多彩にこなす。 千葉県出身。現在大分県の耶馬溪在住。 高校生の時から路上で歌い始め、2000年にタイコと出会い、今の叩き歌うスタイルを始める。2007年にオーストラリアのレーベルからCDを発売。以降オーストラリア、韓国、台湾でも演奏活動を展開し、2015年に韓国語で歌うCD「ひとつ 하나」を発売。ウクレレの繊細なメロディーで聴く人を癒し、タイコの力強いパフォーマンスを観た人は笑顔になる。 自然の中でスケッチしたような音楽は、心をからっぽにして聴き入りたいハートフルな時間。ひとたびライブを観ると子供心にかえります。2013年より、大分県耶馬渓在住。

 

■岡林立哉(馬頭琴、ホーミー)

http://www.khoomiiman.info

名古屋出身、高知在住。日本でも数少ないホーミー・馬頭琴奏者。1998年、初めてモンゴルを訪れる。以後計2年以上の滞在期間中の遊牧民との生活、歌を求めての奥地への旅、2002年からの2年半に及ぶ欧州、南、北米での演奏しながらの旅で培った、繊細かつ力強い馬頭琴、ホーミーの音は、国家、民族を超えて、幅広い支持を得ている。2004年帰国後は遊牧民から学んだ多くの歌と、モンゴル話とともに送る贅沢な「生音コンサート」を展開中。ホーミーの宇宙的響き、馬頭琴の素朴さ、あたたかさ、「音」そのものの持つ力を表現したステージは全国各地で好評を博している。

 

■重松壮一郎(ピアノ、鍵盤ハーモニカ)

http://www.livingthings.org

即興演奏とオリジナル曲を主体とした独自のスタイルで、全国・海外にて年間150回近いライブを行う。アメリカ、オーストラリア、タイ、ヨーロッパなど海外でも多数公演。「生きとし生けるものすべてに向けた音」をテーマにしたオリジナリティ溢れる楽曲、人と自然をつなげるようなオーガニックな音色は、ジャンルや世代を越え、多くの人々の心を打ち続けている。被爆ピアノの演奏や、平和コンサートの企画、被爆者とのコラボレーション、原爆をテーマにした楽曲の制作など、音楽を通じた平和活動も積極的に行う。アルバム「tsumugi」、シングル「こどものブルース」「てぃんさぐぬ花」「目覚め」は、iTunes Music、Amazon等にて、世界配信中。

お申し込みの受付は終了しました。

このイベントをシェア