1月26日(土) | 平凡

@西千葉@ 平魚泳のウクレレLive at 平凡

平魚の故郷。西千葉での投げ銭ライブです。 懐かしい人、新しい人、出逢いを楽しみにしています♪ 1月の最終週末、 千葉の実家へ顔を出します。 ライブなどもいくつか計画中です。 また、機会をいただけるようであれば声をかけてください♪
お申し込みの受付は終了しました。

日時・場所

2019年1月26日 18:00 – 22:00
平凡, 日本、〒260-0044 千葉県千葉市中央区松波2丁目7−10

イベントについて

Facebookイベントページはこちら

以下facebookより

*****************

生まれ育った故郷の千葉へ

4歳の息子とともに帰省します。

かつて千葉、津田沼の駅前では

よくタイコを叩いて歌っていました。

大分県の耶馬溪に移住して6年が経ちました。

子どももふたり生まれ、家族4人で元気に暮らしています。

田舎暮らしにもすっかり慣れて、

毎日畑や薪割りに追われる日々です。

懐かしい西千葉のみなさん、

そしてまた新しい出逢いが広がれば嬉しいです。

ご縁を楽しみにしています。

また土曜日はこちら西千葉、日曜日はいすみ市の方でウクレレワークショップを企画しております。

https://www.facebook.com/events/308315363346649/

ご都合よろしい方へ、どうぞお越しください。

平魚泳

◆とき

2019.1.26(土) 18時開場 18時30分開演

◆ところ

平凡

千葉市中央区松波2-7-10

090-5301-8171

◆ねだん

音楽に《お気持ちハートマネー》+1オーダー

******************

【アーティスト紹介】

◆平魚泳(ひらさかなおよぐ)

タイコ(アフリカのジェンベ)を叩いて、横笛吹いて、

ウクレレ弾いて、歌うストリートミュージシャン。

千葉県出身。2013年より大分県耶馬溪の古民家で里山暮らし。畑や大工仕事をしながら、ウクレレ教室、作曲、アレンジ、舞台役者、舞台音楽など音楽活動も多彩にこなす。耶馬溪では、神楽や雅楽も学び始めた。

家族バンド「コペコペカナオ」や

ウクレレでバッハやショパンを奏でたアルバムなど、作品も多数。

「ウクレレを弾きながら物語を語る」という独特な舞台も展開中。

高校生の時から路上で歌い始め、

2000年にタイコと出会い、今の叩き歌うスタイルを始める。

2001年、ギターからウクレレに移行。

ノリと和みの表現を使い分けるようになる。

2007年にオーストラリアのレーベルからCDを発売。

以降オーストラリア、韓国、台湾でも演奏活動を展開し、

2016年に韓国語で歌うCD「ひとつ 하나」を発売。

2018年7月、韓国の企画「One Month Festival(世界各地で7月に500以上の芸能祭が開催)」に賛同し、改修した自宅、大分県耶馬溪の古民家の自宅で11のコンサートをオンラインとオフラインで企画。etc...

2018年11月、6年ぶりに日本語で歌った、12曲入りのアルバム「ひとつ」が完成!

https://www.youtube.com/watch?v=P2fSnPwn_KI

ウクレレのメルヘンな音色は聴く人を癒し、

タイコの力強いパフォーマンスは共に笑顔になれる。

自然体、等身大で歌い奏で続けています。

ウクレレ平魚 https://www.youtube.com/watch?v=ybSLJOP2RhQ

タイコの平魚 https://www.youtube.com/watch?v=fttnlaOoQhM

お申し込みの受付は終了しました。

このイベントをシェア