3月11日(月) | 珈琲と酒 音楽と本 黒猫

@熊本@ 指1本で弾けるウクレレワークショップ

宮崎、鹿児島ツアーを終えて、月曜日の帰り道、 熊本の黒猫さんに立ち寄らせてもらってウクレレワークショップ やらせていただきます。 一度、立ち寄ったことがあって、気になる本がたくさん置いてありました。 ウクレレでつながる出会い。楽しみにしています。
お申し込みの受付は終了しました。

日時・場所

2019年3月11日 15:00 – 20:30
珈琲と酒 音楽と本 黒猫, 日本、〒860-0854 熊本県熊本市中央区東子飼町1−9

イベントについて

Facebookイベントページはこちら

以下facebookより

*****************

ウクレレが弾ける人も弾けない人も

指1本で気持ちよく弾けちゃう

普通とはちょっと違ったやり方の

1コードで奏でるウクレレワークショップ。

とっても簡単に弾いているのに

なぜだか上手に聴こえてしまう。

それぞれがばらばらに弾いていても心地良い。

チューニングしたら

4つの弦のうち

3本は鳴らしっぱなし。

1弦を押さえてメロディを奏でます。

ある程度弾ける方は指をもう1本足して

1弦と2弦のハモりを味わってみましょう。

少し和音感が増してカラフルになります。

******************

【弾いてみる曲】

『カエルの歌』『アメージング グレイス』『ふるさと』など

https://www.youtube.com/watch?v=vv8Wt20uBow

※最後にみんなで一緒に歌って達成感を味わう、

といった試みはありません。

それぞれがそれぞれのペースでバラバラに弾いていても

その空間が心地良く響く。

これが1コードで弾く面白さです。

******************

◆とき

2019.3.11(月) 

15:00〜、19:00〜の2回 それぞれ1時間くらい

◆ところ

珈琲と酒 音楽と本 黒猫

熊本市東子飼町1-9

090-8389-9384

https://www.facebook.com/kuronekokokai

◆ねだん

1500円+1オーダー(ウクレレレンタル+500円)

事前のご予約をお勧めします。レンタルのウクレレは数に限りがあるので、ご予約の際お申し付けください。

【お問合せ】

09092465841

または平魚泳までメッセージを。

https://www.facebook.com/hirasakana.oyogu

******************

【指1本で弾けるウクレレワークショップ】

「ウクレレは3コード(和音)を覚えたら、けっこうどんな曲でも弾けちゃうよ」と、よくウクレレ始めたい人に、弾ける人が言うことがあります。

でも押さえるカタチだけ覚えるよりも、僕はもっとウクレレのドレミの音色を味わって奏でられたら気持ち良いと思っています。

なのでCの1コード(指1本)のみで

メロディを奏でられるようにアレンジした曲を

第一段階として弾いてみましょう。

「かえるのうた」「アメージング グレース」「キラキラ星」

「星めぐりの歌(宮沢賢治)「家路(遠き山に日は落ちて)"交響曲第9番「新世界より」第2楽章"」「ふるさと」など。

4つの弦を鳴らしながら、1つの指を動かせば

それなりに弾けちゃう曲を学びつつ、

余裕が出てきたら他の指も使ってみればいい。

https://note.mu/hirasakana/n/n270c1e62a98d

西洋音楽は3つのコード(和音)を基本として、そこにメロディや歌が入ってます。

C (ドミソ)とF(ファラド)とG(ソシレ)です。

1コードでメロディを味わった後、コードを変化させると

どんな風に違って聞こえるのか?

https://note.mu/hirasakana/m/m083647016333

↑こちらのnoteのマガジンにいろいろウクレレのこと、音のことなどを書き綴っています。

ウクレレと、音楽の魅力に熱くなってしまう平魚ですが、

生徒さん主体で楽しんでもらえるように気をつけます ^ ^;。

******************

【伝え手さん紹介】

◆平魚泳(ひらさかなおよぐ)

タイコ(アフリカのジェンベ)を叩いて、横笛吹いて、

ウクレレ弾いて、歌うストリートミュージシャン。

千葉県出身。2013年より大分県耶馬溪の古民家で里山暮らし。畑や大工仕事をしながら、ウクレレ教室、作曲、アレンジ、舞台役者、舞台音楽など音楽活動も多彩にこなす。耶馬溪では、神楽や雅楽も学び始めた。

家族バンド「コペコペカナオ」や

ウクレレでバッハやショパンを奏でたアルバムなど、作品も多数。

「ウクレレを弾きながら物語を語る」という独特な舞台も展開中。

高校生の時から路上で歌い始め、

2000年にタイコと出会い、今の叩き歌うスタイルを始める。

2001年、ギターからウクレレに移行。

ノリと和みの表現を使い分けるようになる。

2007年にオーストラリアのレーベルからCDを発売。

以降オーストラリア、韓国、台湾でも演奏活動を展開し、

2016年に韓国語で歌うCD「ひとつ 하나」を発売。

2018年7月、韓国の企画「One Month Festival(世界各地で7月に500以上の芸能祭が開催)」に賛同し、改修した自宅、大分県耶馬溪の古民家の自宅で11のコンサートをオンラインとオフラインで企画。etc...

2018年11月、6年ぶりに日本語で歌った、12曲入りのアルバム「ひとつ」が完成!

https://www.youtube.com/watch?v=P2fSnPwn_KI

ウクレレのメルヘンな音色は聴く人を癒し、

タイコの力強いパフォーマンスは共に笑顔になれる。

自然体、等身大で歌い奏で続けています。

ウクレレ平魚 https://www.youtube.com/watch?v=ybSLJOP2RhQ

タイコの平魚 https://www.youtube.com/watch?v=fttnlaOoQhM

お申し込みの受付は終了しました。

このイベントをシェア